設備の刷新

日本の製造業は、とても優秀だと言われています。
その理由は、絶えず現場の努力が積まれているからです。これによって毎年の生産力は、上がっていくのです。
生産能力の向上というのは、どのような施策をさすのでしょうか?

それは、一重に工場における省エネ対策です。
勿論、他にも新たな製造技術の研究なども挙げられますが、一番大きいのは省エネです。
一昔前までは、同じエネルギーでも製造できるのが100枚の紙でも、今年は200枚製造できるとなればそれだけ生産効率が上がっているということです。
商品一個ごとのコストが下がるということは、それだけ商品の利益率も上がるので企業にとっては良いことです。

最近では、日本以外の場所で生産する、いわゆるグローバルサプライチェーンが展開されています。
これまでは日本の企業間の競争だったのが、最近では海外の安いコストとの競争になっているので現場は大変です。
根本的に、人件費が違いすぎるので、日本の工場で省エネをするにしてももっと大胆な方法をとる必要があります。

工場の省エネには、何が有効なのかというと電気工事です。
工場に電気工事をして、各設備を刷新することで大きな効果が得られる可能性があります。
電気工事で変えられる機器で言えば、空調機器や配電設備や照明器具です。これらの電気工事で、大きな省エネ効果が生まれます。

おすすめサイト

給排水工事を頼むなら/摂津管工
工事で原状回復しよう|原状回復なび

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930